夏の竹富島で一晩過ごしてみた(2022年1月)

この記事は約3分で読めます。

みなさん明けましておめでとうございます!2022年もよろしくお願いします。
さて、2022年第1弾は昨年の8月に訪問した石垣・竹富島訪問シリーズの続きです。

 

まずは過去の記事を。
石垣島に到着した初日の話です。

 

 

そして2日目に小浜島でドライブした記事です。

 

 

以下は2日目に宿泊した竹富島の宿の記事です。

 

さて、竹富島に到着した私はまず宿に向かいチェックインします。
そこで壮大なやらかしが!!

今回宿泊したおーさんてぃん青空舎さんに向かうことにした私は竹富港からの移動手段を確認していませんでした

おーさんてぃんさんの場所はここなんですが、

移動手段を確認していなかった私は港から歩いて向かいました・・・スーツケースを引きずりながら!結果なんとか宿に着きましたが、へとへとでした 笑
んー、時間で言うと1時間近くはかかったかもw
竹富島は行ったことある方はわかると思いますが、港がある海岸べりから島の中心部に向かってなだらかな坂道になっています。しかもところどころ舗装がなく砂道なんですw
ほんときつかったです💦

結論から言うと島内バスを利用すると楽に行けます 笑
詳しくは先ほどもご紹介したこちらに書いています。

 

さて、宿について一休みした後早速島内を探索します。
まず行ったのが、西桟橋ですね。やっぱあの景色見たいですよね。
西桟橋

ご覧ください!あの素敵な西桟橋が天気が悪い故せっかくの景色が台無し 笑
傘を差さないといけないくらい降ってましたね・・・。

宿からここへはレンタサイクルをお借りしてサイクリングがてら来ました。
服も濡れ気味になったのでいったん宿に戻り着替えた後夜ご飯をいただくことにしました。
竹富島電柱
(宿に帰る途中の電信柱。沖縄っぽいでしょ?)

着替えた後は宿の近くにある和食店で夜ご飯をいただきました。
コロナ過で休業しているお店もあったり、営業時間短縮のお店もありました。
かにふさんでハンバーグをいただきました。
ハンバーグ

ご飯を食べた後、雨が止んだのとまだ明るいのでもう少し探索してみます。
次に行ったのがコンドイビーチ。時間的にはもう夜なので、日帰り観光客はおらず、島内宿泊者のみになり静かに過ごせます。おすすめです。少し海の中に入りましたが、若干涼しく感じましたが泳げる人は泳げますw
コンドイビーチ

そしてこの日は宿に戻り休みました。夜も出歩こうと思いましたが真っ暗なのでやめました。今回はこれまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました