天草エアラインで行く熊本県天草1万円の旅(後編)

みぞか号正面
この記事は約10分で読めます。

みなさんこんにちは。天草旅行の後編(二日目です)

ちなみに前編はこちら

起床後本館のレストランで朝食を食べ、準備をしてチェックアウトをします。
宿を出る前にチェックイン時にいただいた天草商品券を使って売店でお菓子のお土産を買います。
ほんとはたくさんお土産買いたかったのですが・・・💦

スポンサーリンク

東南アジアとかあっちのアレ

さて、宿を出てバス停に向かいます。
本日はひとまず下田温泉に向かいます。ルートを確認しましょう。

(天草市のHPより)

本日は一町田橋バス停から再び下田河浦線(黄緑)に乗って一気に下田温泉を目指します!
時刻表によると約1時間。ワクワクです(^^)/

ここでバスの運行ルートについて注意事項です。路線マップを見ると下田河浦線(黄緑)は一町田橋~新丸山~釜のようなルートをたどるように見えますが、実際は一町田橋~一本松~河浦病院~新丸山のように病院によってV字を描いて走ります。

最初路線を間違って乗ってしまったかなと運転手さんに聞いたところそのようなルートだったということが判明しました。焦りました💦
その後昨日降車した崎津教会入口を通過して海沿いを走ります。
途中までは海沿いを、途中からは山道を走ります。
途中にこんな感じで教会も通ります。

キリシタン文化を垣間見ることができますね。

大江教会前

で!、この辺りまではよかったんです!
海沿いののどかな風景が見えてね・・・。このあと徐々に山を登っていくわけですよ。

それからどうでしょう!

すごく狭くてすれ違いも困難なくらいの1車線道路です。しかも道路が傷んでるのかガタゴト揺れるし!タイとかカンボジアとかあっちのバスに乗ってる感じですよねw
正直酔いかけましたww
わかりづらいですが車内からの車窓を貼っておきます。(かなり山の中w)

バス車窓

でなんとかね耐えて山を越えて平地まで降りてきたんですよ~。
海が見えてきたらなんかほっとして。
下田温泉はもうすぐって感じです。
正直、この路線バス(下田河浦線)はもう乗りたくないなぁw

次は下田温泉レポいきます。

謎多き温泉・下田温泉へ

メインストリート探索

このタイトルは下田温泉さん自身が名付けてるキャッチコピーです。

下田温泉案内

別名:白鷺(しらさぎ)温泉と言い、白鷺が飛来して傷をいやしたことから名づけられています。
なにが謎が多いかはこのパンフレットに説明が書いてありますが、よくわからん 笑
非火山性の温泉なのに50度以上の高温であることの理由がまだ詳しく解明されていないようなので謎が多い!?

さてバスの終点で降りると目の前が足湯になります。
歓迎の足湯ですね。少し肌寒いですが、靴下を脱いで入ってみます。

下田温泉足湯

いい湯加減でした~。
10分ほど足湯につかっていましたが、意外と肌寒いので歩いて街を探索します。

メインストリートは1本、こんな感じです。

メインストリート

おや?人がいないぞ・・・反対方向を見てみましょう。
あれ?やはりこちらの方角も人が歩いていないぞ?!
旅館はそこそこありますが、人の気配(客も店員も)が全くしませんw
GWがスタートしたというのに・・・。
ここは小さい温泉街のようで歩いてみて回るようなものはないような土地です。
やはりコロナの影響でしょうか。普段はにぎわっていることを願うばかりです。

そして日帰り湯でも入ろうかと旅館を見渡したのですが、人がいないこともあって中に入りにくい・・・。日帰り客はお断りなのではというような雰囲気がする。
温泉センターみたいなところが見つかったので満を持して行ってみます。
写真を探したのですが、撮っていませんでしたのでHPを紹介しますw

下田温泉センター白鷺館さん

売店やリラクゼーションなどもなく、カウンターで少しお土産的なものが売ってある程度。
ほとんどが地元のお客さんなのでしょうか。入浴料は500円。
屋内風呂から外に出ると人一人入れる大きさの露天風呂があり、眼下に下津深江川を眺めることができます。
短時間でしたがくつろぐことができました。入浴客は数組いましたが、ゆっくりは入れました。そして街を再び探索します。

この町の見るべきものに今更気づいた

この町のメインストリートはわずか数百メートル・・・スーパーが2軒と観光案内所が1軒・・・と歌いたくなるくらい小さな温泉街です。
メインストリートを抜けて海の方へ行ってきます。
ものの5分で海につきます。

東シナ海

(東映映画の最初に出てくる波しぶきシーンみたい 笑)
この日は波が高いようでしたがこの迫力ある波打ち際に感動しました。
ここから見える海は東シナ海でほぼ外海です。
外海のしかも少し荒れた海は迫力があります。
ここから見える夕陽はすごくきれいな眺めだと容易に想像できます。
というか下田温泉に来た場合は必ず夕陽を見てくださいw

下田温泉旅館組合さんのHPが観光の参考になります。

今回の天草旅行の宿を決めるにあたって下田温泉地区も検討はしたのですが・・・下田温泉にすればよかったかな 苦笑

提案:下田温泉にはぶらっと立ち寄らず宿泊して夕陽を見るべし。

福岡へ帰るための試練

帰りの飛行機が16時前だったので、14時半位に本渡バスセンターに着いて、それから空港バスに乗りかえて15時半に天草空港に着くバスに乗る計画で下田温泉を離れます(本数少ないしね)

で下田温泉発のバスに乗って程なくして見知らぬ番号からの着信が 汗
なんか嫌な予感がします。
電話に出てみると天草エアラインの方からでした。
内容は「天草空港天候不良(強風)のため、搭乗予定のAMX105便が欠航になる可能性あり」でした。
おぉ!往路も天候不良の中、ギリギリ着陸できたのですが、帰りもですか?! 泣
まだはっきりわからないとのことで、空港に着いて最悪欠航になる可能性もあるとのこと。
まあ当該便が欠航になっても、もう一便後ろにあるだろうし、最悪航空会社が熊本駅までバスを出してくれるんじゃないかなぁなんて軽い気持ちでした。
それに今回のツアーの支払いをANAビザゴールドカードで支払っていたため、遅延保障がもらえるか?などとノー天気に構えていました。
まぁ遅延保障は名前の通り航空機が一定時間以上遅延した場合に保障されますが、欠航した場合は出ないみたいです・・・勉強になりました。

また航空会社からはツアーで申し込みしているので欠航になった場合でも直接の返金はできない。ツアー会社に確認してほしいと言われていました。
そしてこのような場合ツアー会社からどのような対応をしてもらえるか念のためツアーの約款を見てみるとそこには驚愕の事実が記載されていました。

天草-福岡便が天候不良などで欠航となった場合はお客様自身で帰宅していただくことになります。そしてツアー代金の内1000円を返金するものとします。」

ちょっ!待てよっ!!
なんですって!?代替交通機関も用意しなければ返金も1000円ですって? 笑
Why?Meはどうやって福岡へ?
笑ったのもつかの間、できないものはしようがありません。
頭の中で冷静に考えます。

「空港まで行って欠航になったらどうやって福岡に帰るか?最悪もう一泊する方法もあるが、せっかく格安ツアーと銘打って旅してきてここで余計な出費は避けたい・・・。」
「当該便が欠航になった場合、同じ機材を使っているので、次の最終便も欠航になる可能性がある。飛んだとしても乗れる保証はない。欠航になった場合は潔く航空機以外の選択肢を考えよう。」
「本渡バスセンターから熊本駅までの高速バスがありそう。最終便は本渡バスセンター発19時。最悪これに間に合えば熊本駅から新幹線で帰ることができる。」
「ただ、欠航の知らせはできるだけ早く知りたい。当初の予定では15時半空港着の空港バスに乗る予定だったが、ギリギリに空港に着くのは何かと危険そう。かといってもう1本早い便はもうない。」

(以上、全部心の声)

私は普段は適当な性格なのですが、ピンチになったらそれなりに頭を働かせます 笑
案としてはとりあえず、本渡バスセンターに着いたらすぐにタクシーで天草空港に向かう。
そして欠航が決まったらすぐにタクシーで本渡バスセンターにとんぼ返りをする。そして熊本駅行きのバスに乗る。

これです。ベストではないかもしれませんがベターであることは確かだと思いました。

みぞか号
(折り返し福岡行きになるみぞか号が天草空港に到着。あとは離陸できるか?!)

空港カウンターでひとしきり説明を受け、待合所でドキドキしながら待ちました。
その後無事に飛ぶというアナウンスが流れ安堵しました。
比較的晴れていた天草地方ですが、濃霧と強風が欠航の原因になることが多いようです。天草空港を利用する予定の方は運航情報に注意しましょう。

ギリギリ頑張ったご褒美でしょうか、復路のルートは島原半島を縦断するルートで雲仙の真横を飛んでくれました(*’▽’)

雲仙上空

そして福岡空港に着陸。若干揺れましたが。
無事にツアーを締めくくれました。

福岡空港上空

天草地区へのアクセスとツアー紹介

天草空港への就航状況

天草地区は正直アクセスしにくい場所です。しかしながら乗り継ぎを苦にしない我々変〇マイラーであれば大したことないです 笑

天草空港には天草エアライン1社が就航しており、JALとコードシェアしています。
赤組の方ならJAL便名で予約できると思います。
また福岡以外にも熊本空港および伊丹空港(熊本経由)に就航していますが、1日1往復しかないため、福岡経由が無難でしょう。
福岡から飛行機で35分ですが、自動車で行くと、天草下島までだと約4時間ほどかかります💦
マイラーであれば飛行機一択ですね 笑

天草空港からの移動はレンタカーか、一度空港バスにて中心街の本渡バスセンターに行き、そこから各地へ路線バスで向かう方法があります。私は今回後者の移動方法でした。

利用したツアー内容(今回のキモ)

さて今回、私はツイッターのフォロワーさんに教えていただいたツアーで行ってまいりました。
九州産交ツーリズムさんの「天草満喫キャンペーン」です。(5月18日~6月13日まで受付停止中とのことです 涙)(追記:2021年9月現在キャンペーンページが消えているようです)

リンク先を見ていただいたらわかりますが、この天草満喫ツアーはアクセス方法によっていくつかのプランがあり、飛行機でのアクセス、バスでのアクセス、車でのアクセス、船でのアクセスと選択ができるんです。
私は福岡からでしたので福岡発着プランにしました。

〇天草満喫キャンペーン内容福岡-天草往復航空券

  1. 指定ホテルでの1泊2日夕朝食付き(安いのから高いのまで選択可)
  2. 天草島内2日間路線バス乗り放題
  3. 天草観光商品券引換券(2000円分)
  4. 天草キリシタン資料館3館入場割引&天草ぐるっと周遊バス50%割引(1000円→500円)

どーですか!このお得感! 笑
ジャ〇パネットさんもびっくりなんでもつけてます。

そしてこれがいくらと思いますか?
なんと1万円!!(高田社長風に)
※正確に言うと10,100円でした。(入湯税は別)

しかもこれはGW期間にあたり、航空運賃が往復それぞれ1,000円(計2,000円)追加されたのと、私が宿泊したホテルの一人部屋追加料金1,500円が加算された料金なんです。

  • 基本ツアー料金・・・6,600円
  • 繁忙期航空運賃追加料金・・・往復2,000円
  • 一人部屋追加料金・・・1,500円

つまり繁忙期を避けて、ホテルも選べばミニマム6,600円(入湯税は別)で行けそうなんです 笑下世話な話ですが、このツアーを使用せずに普通に利用すると40,000円を超えるくらいの計算です。 (上記金額はあくまで福岡発着基準です)ただ、天草島内は意外と広く、普通だったらレンタカーを借りて観光するんじゃないかと思います。その場合少なくとも5,000円前後かかるでしょうから、お得感が薄くなりますね。

天草の旅まとめ

今回の旅は上記ツアーのように格安の旅だったので、最初は少し不安でした。
案の定、往路も復路も欠航になるかも?!という波乱万丈の旅になりました 笑
しかしながら現地天草は景色が素晴らしく特に西海岸の方はどこも夕日がきれいとのことでした。
世界遺産である﨑津教会も素敵でした。
今回は天草下島を一泊二日で公共交通機関のみで移動したためタイトでした。
もっとゆっくり見て回るには2~3日かけて車で移動するのがいいと思いました。

またあるお店の方に教えていただいたのですが、今回の私のようにバスで移動を考えている人は
拠点を本渡市の宿にして本渡発着の「天草ぐるっと周遊バス(天草満喫キャンペーンを利用すれば50%割引の500円で使用可能)を利用すれば効率よく見どころ(崎津教会など含む)を周れるとのことです。一般の路線バスを使うよりいいかも!

まとめ

  • 天草は広い(ので移動に注意)
  • 泊まる宿の選定が重要(夕日が見えるところがいいみたい)
  • 良くも悪くも観光地化していない(世界遺産認定後間もないためこれからさらに良くなっていくでしょう)
  • 天草エアラインは欠航しやすいので注意が必要w
  • 九州産交ツーリズムさんの「天草満喫キャンペーン」は条件はあるがかなりお得

この記事が皆様の天草旅行のご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました