ANAで行く北陸中部縦断の旅(その3飛騨古川 ・馬籠宿編)

この記事は約5分で読めます。

みなさんこんにちは。無謀な旅が好きなようです 笑
だいぶ日にちが経ちましたが、北陸中部縦断の旅、第3話アップします。

その2はこちら

ANAで行く北陸中部縦断の旅(その2飛騨高山編)
北陸中部縦断旅行の2日目。高山市街を散策。高山陣屋を見学した話。 高山に行った際は高山陣屋は必見と言ってもいいくらい見るところ満載です。
スポンサーリンク

1.陣屋前朝市で朝食を(Breakfast at Jinya-mae Morning market’s)

高山陣屋

さて、二日目のスタートです!
まず昨日も行った高山陣屋にホテルから歩いて向かいます。
といっても8時前なので寒いですし、高山陣屋は開館していません。
私の目的は名物「陣屋前・朝市」を見たかったからです。
陣屋前の広場におそらく近隣の生産者の方が出店形式で店舗を出しています。

陣屋前朝市

なぜか遠目からしか写真を撮っていませんでした 笑
主だったお店としては、野菜、乾物、加工品(ジュース、おはぎなど)といったところでしょうか。
公式HPをみると30店舗ほど出店するようですが、新型コロナの影響か15~20店舗程度に見えました。
観光客も減っているでしょうからね・・・。ここにも新型コロナの影響が ( ノД`)
旅の途中なのでたくさん買うわけにもいかず、朝ご飯代わりにおはぎとリンゴジュースを購入して近くのベンチに座っていただきました!

陣屋前朝市購入品

(おいしかったっす!)

詳しくは公式HPを

http://www.jinya-asaichi.jp/index.html

2.レンタカーでいよいよ聖地巡礼へ

1.飛騨古川駅へ

陣屋前朝市で腹ごしらえをした後、街を少し散策しました。
まず、旧高山町役場資料館を見学、その後、高山のもう一つの名物朝市「宮川朝市」にも寄りました。
時間が経ったからなのかこちらの朝市が人手は多いように感じました。

宮川朝市

どちらの朝市も雰囲気よかったですよ!
そして高山駅まで移動し、予約していたレンタカーを借ります。
そして出発!目指すは飛騨古川駅!
ご存じの方も多いと思いますが、私が行こうとしているこの飛騨古川駅は2016年に大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」のワンシーンで出てきたところなのです。ファンの間では有名で私も一度行ってみたいと思っていました。今回念願がかないました。
まず飛騨古川駅の位置を確認しましょう!

ここです!JR高山駅から車でゆっくり行って約30分。ナビ通りに行けば間違いません。
飛騨古川駅がある飛騨市古川町はもともと城下町で古い白壁土蔵つくりの街並みが見られるきれいなところでした。
そのほか旧古川町近郊には
旧神岡鉄道の線路の上をマウンテンバイクで颯爽と駆け抜ける、新感覚の乗り物「レールマウンテンバイクGattan Go!!(ガッタンゴー)」や鉱山の町として栄えた神岡町の街歩き、宇宙物理学に触れることができる「ひだ宇宙科学館カミオカラボ」
など興味をそそるものが多くあります。(以上飛騨市公式観光サイトより引用)
食べ物は飛騨牛もあるだろうし、飛騨市に宿を取り2泊3日くらいで旅をするのもいいかもしれない・・・あ、脱線しました 笑
飛騨古川駅の裏手にある無料駐車場に車を止め、駅に向かいます。
すると見えてきました跨線橋が。
飛騨古川駅跨線橋
おそらくここだと上って駅ホームを確認。
飛騨古川駅ホーム
ドンピシャ!笑
ここで列車を待ちます。時刻表を見てきたのでそこまで待たずに済みました。
列車が遠くに見え始めました。窓に陣取ります。他にも聖地巡礼者が増えてきました 笑
そして跨線橋の下を通り、ホームに泊まります。
飛騨古川駅列車
うお!反対ホームにも偶然列車が止まってダブルになりました 笑
興奮もダブルですw 映画は1編成でしたね。
列車は定刻に発ちますのでものの数分の出来事です。まさに夢心地でした。
その後、駅前などを散策、映画と同じ場面をパシャリ!
飛騨古川駅前タクシー乗り場
(主人公がタクシーの運転手さんに糸守町の手がかりを聞くシーンを彷彿)
ひだくろ
(こちらはマスコットのひだくろ君w)

2.落合バス停へ

映画と同じシーンを見ることができて満足できた私ですが、せっかくなのでもう1か所聖地巡礼することにしました。
これも同じ映画の「君の名は。」のシーンなんですが、「なにか」を探しに糸守町に来た主人公と仲間たちが疲れて休憩した場所がこのバス停なんです。
映画でもバス停名は落合になっています。
飛騨古川落合バス停
こちらはほぼリアルと映画の描写が同じでうれしくなっちゃいますね!こちらはJR飛騨古川駅から車で20分の所にひっそりとありました。バス停には記念自由帳があり、いろいろ皆さん書き込んでいました。(私も書き込みましたw)ちなみに場所はこちらです。

3.白川郷をあきらめ一気に岐阜県を縦断 馬籠宿へ

落合バス停を訪問後は合掌造りで有名な世界遺産・白川郷に向かってみます。
あまり時間がなかったのですが、白川郷も一度行ってみたいところであり行ってみることにしました。高速を使って白川郷に着きました・・・・。
が、しかし!白川郷ICを降りてほどなくして渋滞が始まりました!世界遺産をなめていました💦
しかも渋滞がほとんど進まない💦
お腹もすくし、馬籠宿に着く時間は気になるしであっさり諦めました 笑
白川郷はまたきっといつか来ます!
そしてせっかくだからと白川郷ICの近くのそば屋さんで昼食を食べてすぐに馬籠宿に向かいます。

白川郷あらい外観-vert
松の木峠PA
(東海北陸道上り線の松ノ木峠PAにて)
東海北陸道に乗ってひたすら南へ!途中郡上ICできれいな街並みを高速道路上から見ましたが、あとで調べると郡上市は城下町だとか・・・。いつか訪問してみたいです。(マリオット系ホテルもあるしねw)
さて、東海環状道経由を経由して中央道・中津川ICで降ります。長かった!
そしてICを降りてからさらに20分程度峠に向かって走ります。
するとやっと今日の最終目的地である中山道43番目の宿場町・馬籠宿に到着です。
まずは車を宿の駐車場に止めます。
この宿は宿泊者用の駐車場はメインストリートの裏側、景観の妨げにならない場所に用意されているようです。駐車場から宿へは少し坂道を登ったりするので大きい荷物は注意です。また宿泊を伴わない観光客用の駐車場はメインストリートの上入り口と下入り口の両方に駐車場が用意されています。グーグルマップなどで検索してみてください。

そして今日の宿は馬籠宿の但馬屋さんです。
もうね馬籠宿のメインストリートに入ったらタイムスリップしたような感じになって但馬屋さんの建物もすごく雰囲気があって一気にテンション上がりました!これですよ~
馬籠宿但馬屋
テンションが上がったところで続きはまた今度。

コメント

タイトルとURLをコピーしました